広大な海に溺れたい

かなしみのすぐそばにはきっと喜びが待っているから、

ひとりごと。

ちまちまと書き溜めていたものをまとめてみました。


※タイトル通り当方のひとりごとにつき、この文章を読んで気分を悪くされた方がいても、一切責任は取りませんので、自己責任でお読みください。
夜のテンションで書いたものを少し見直しをしたりしかしておりませんので、かなり偏った意見があるとは存じますが、「ふ~ん、こんな考えの人もいるんだ。」くらいに受け取ってくださると幸いです。
私はこう思った!など意見がありましたら、ぜひお気軽にコメント下さるとうれしいです。





誰かが言った。
『ジャニオタとは、突き詰めれば究極の片思いなのだ』と。

確かに、それはそうかもしれない。とわたしは思った。

近くに行くことも、触れることも出来ない。
“担降り”をする時だって、報告は出来ても、止めてくれることは無い。*1
止めてくれるのは、日々更新されていくジャニーズwebか情報メール。
チケットの追加発売・新レギュラー番組決定・アルバムを引っ提げてのツアー。
タイミングよく発信される情報は、やっと固めた意志をいとも容易く壊してしまう。

けれど、彼らが悪いわけではないのだ。
見ず知らずの人物(ファン)に微笑みかけ、たとえ画面越しでも愛を囁く。*2
それは誰でもできる事ではない。
自らの魅力を理解し、どう見せればどう思われるか、如何にファンの描く理想を演じるか。

街を歩けば好奇の視線にさらされ、一度ネットを開けば否応なしに自らの批評が目に入る。
常に監視されているような世界。ゴシップネタを書く記者に逐一行動をチェックされ、たとえ友人関係だったとしても面白おかしく書きたてられる。
そんな彼らの息抜きとは何なのだろうか?

わたしはそれが“コンサート”であればいいと思う。
そこでも常に見られていることには変わりはないわけだが、そこは彼らを好きな者たちの集まりである。
少しは自らの素を曝け出してくれていればいい。自分の理想と違うからと“担降り”するような者はそもそもファンではない。(勝手に妄想しとけ、って話。)
彼らだって人間なのだから、いくらカッコよくてもブサイクな顔をしてしまう時もあるだろうし、欠点がない人間なんていない。
その点で、舞祭組というグループはそれを見事に表した。

欠点すらも愛おしく感じ、日に日にイジリに対して返しやツッコミを身につけて行く様子は、感動すら覚える。
中でも【師匠】と呼ばれる彼は、担当・副担が所謂フロントの二人であるわたしにとって、舞祭組の中で唯一なんの躊躇いもなく好きだと言える人物だ。*3
妙にカッコつけることもなく、自らの道を突き進み、勇気と自信しかない!と言い切る姿は、とても爽やかだ。
自分の担当を見つめる気持ちとは違うのだが、そんな彼をわたしは愛おしく思う。
噛み噛み王子と自分で言ってしまうところも、人より少し音痴な所も、大食いの癖にちっとも太らなくて心配になるほど痩せているところも。
でも、自分の担当といちゃいちゃしてる姿は、あなたたちはいったいどこを目指しているの?!とたまに言いたくなる。
最近は自分の担当の色々な表情を引き出してくれる存在として思えてきたのだが、生粋の*4藤北信者であるわたしは、それが許せない。需要なら藤北の方がたくさんあるはずなのに。*5
今では、そんなに夢を見ることもなく。毎日のようにイチャイチャが投下されるのならば、きっと心臓が持たない。*6たまに見せてくれるからこそまたどんどん沼に嵌まっていくのだ。
きっとわたしがわたたいを好きだったとしても、度を超えたイチャイチャを見せつけられて、いつか飽きてしまうと思う。*7そして、藤北にきっと落ちる。

少し語りすぎてしまったが、わたしは結局叶いもしない片思いなら、いっそこのまま抱えて生きていけばいいと思うのだ。(今見返すとめっちゃ恥ずかしいし、意味わからん)
兄組のみんなはあと数年で全員三十路になる。
ふたり(藤北)は雑誌でも常々、子供が好きだと発言している。それに、血を継いだ子供を見てみたいと思う気持ちもあるのだが。(あの2人が選ぶ人だからめっちゃきれいだろうし、このままDNAを途切れさせてしまうのもなんかもったいない)
それはやはり具体的な相手がイメージできない場合の話で。
好きではない女優なら絶対に泣くし、好きな女優でも祝福しつつもやはり泣くだろう。
一般人なら、きっともっと泣く。別にいつも恋愛感情で見ているわけではないけれど、見る時もあって。(当時は結構あった。今は特に。)
だからそうなったら絶対に顔出して欲しくはない。今の時代ならどこかから漏れてしまうだろうが。(最近は一般人でも、芸能人の旦那さんとのエピソード話したりとかしてますし。逆にどこかの誰かさんとかは旦那さんのエピソードべらべらテレビで喋ってますし。)

少々長くなってしまったが、今日はこの辺りで終わりにしよう。
2015年5月27日
TAKE FIVE大阪初日の一日前 すでに大阪で稽古をしているのだろうか?
少し遠い距離で頑張る彼に、敬愛の念を込めて。(なんかここまで書いてるとバカっぽいですよね…。)





今日はJr.について語ろうと思う。
少し、センチメンタルな文章になってしまうかもしれないが。とでも前置きしておこうか。

Kis-My-Ft2のDVD、SNOW DOMEの約束のオープニングを見た時、ふとこの中のJr.で、果たしてデビューまで漕ぎつけることが出来る人はいるのだろうか?と思ったのだ。
何十人もいるJr.の中で、顔と名前が一致する人数と言えば、多くて十数人。
それはよくテレビ出演や雑誌に載る回数が多いのかに比例する。
クリエのチームAのように、メディア露出や雑誌露出が多い≒押されている、もしくは根強い人気のあるJr.そう解釈していいと思う。

最近は、昨年に関西ジャニーズJr.の冠番組『まいど!ジャーニィ~』にて新生関西ジャニーズJr.が決定し、徐々に露出が増えていて、関東でも少しずつまたJr.が増えているようだ。
Jr.担よりのキス担であるわたしは、とてもじゃないけれど、ついていけない。
今年は関西でいろんなことがあった。
昔大野くんとシンメを組んでいた町田君が事務所を去り、ずっと紫耀や廉を見守って育ててくれた金内くんが新しい夢を見つけて去っていった。それにより紫耀と廉は関西から遠ざけられ、関東のJr.として活動するようになった。A6(キンプリ)でのくくりが増え、テレ朝夏祭りのサポーターにまさかの就任。
地上波で見られるのはうれしいけれど、関東在住ながらもなにきんが好きだったわたしは少し失望した。
お笑いのスキルを学びたいと自ら選んだ関西を、ずっと守ってくれた康二たちを、そんな簡単に見捨ててしまうなんて。と
でも、今総勢800人を超えると言われている厳しいJr.の世界の中では、目の前のチャンスに縋るしかないのかもしれない。
これでキンプリくんたちが何も結果を残せなければ、後ろに下げられ、バックで踊っていた子のバックに着くことになるかもしれない。なにきんの家族愛などそんなもの最初から存在しない。
これは戦争なのだ。今の厳しいと言われる世の中の就職活動よりも、もっと厳しい。
このチャンスを逃せば、もう一生陽の目を見ることが出来ないかもしれない、夢現の幻になってしまうかもしれない。そんな不安を抱えながら、彼らはわたしたちに笑顔を届けてくれているのではないだろうか。そんな気がしてならない。
もっとも、大人たちに操作されている情報は、本当のことかはわからないけれど。*8
彼らの本当の心だと信じたい。
なにきんがみんなデビューできないよりも、紫耀と廉はKingで、康二くんや西畑くんや大西さんがたとえ別々でも、デビューできる事が一番願うべきことなのではないだろうか。
いつかはそんな日が来ると信じたい。
康二くんが、西畑くんが、大西さんが、いつか嵐…みたいには無理かもしれないけど、今のキスマイたちみたいに、ドラマにバラエティ、音楽番組で活躍してくれていればいいな。
そこで、紫耀や廉たちと一緒の舞台に立ってくれていたらいいな。と願わずにはいられない。

Jr.とは儚きうちの少年美。今でこそ、ごつくなってもお笑いの方向に行っている人もいるけれど、タッキーや小原くんの昔の写真を見ると、なぜ人気だったのかがよくわかる。*9
今は、あまり美少年!と誰もがたたえたくなるような端正な顔立ちをしている子はあまりいないけれど。
でも、儚き少年美で終わる人もいれば、芸を身につけて生き残っている人もいる。
ぜひともキンプリくんたちには芸を身につけて欲しいものだ。(どんな上から目線だよ)
今のままではダンスも歌も下手したら一般にたたかれまくるレベル。
せっかくののび太の誕生日にクイズ番組とは言えど、なんだか素人臭漂うジャニーズJr.の新ユニット?だかなんかを見せられて。ダンスは何とかごまかそうとしてたみたいだけど、アクロは紫耀に任せすぎ。
姫も岸くんもバク転がんばってたし、岸くんはバク転すらままならなかったのにバク宙まで決めて見せた。
そんな中でもバク転は愚か、側転すらもしていなかった神くん。姫ですらがんばっているのに、彼氏(笑)が側転もしないなんてそんな運動神経ないのか?(神宮寺くんのファンの方ごめんなさい。わたしはどうしてもこういう風に感じてしまうんです。ぜひご意見があれば聞いてみたいです。)
でも、スネアもってパフォーマンスしているから、腰を痛めているという可能性は無きにしも非ず。けど、ジャニーズとして側転ぐらいはしようか。(ほんっとに上から目線でごめんなさい…。でもアイドルは愛でるんじゃなくて、パフォーマンスとかを見て楽しむものだと思っていますので…)

多少の先入観はあれど、学芸会やお遊戯っぽく見えて仕方ない。(キンプリの身長のバランスによるものかと。)
我武者羅覇をわざわざつけてきたのは、少クラとは違い、一般視聴者の目に触れる番組ではキンプリくんたちだけだと成立しないからでは?テレ朝の社長さんの見学や、ジャニーさんの異例ともいえる多すぎる見学。(実際にわたしが行った公演でもお見掛けしました。まさしくジャニーさんって感じで、すぎにわかりました。)
実しやかに囁かれる、ガムシャラがドラえもん・しんちゃん枠に昇格か?!のうわさ。
もしキンプリくんたちの特番がある程度の視聴率が取れて、サマステの来場者が増えたのなら、功績を残したとしてそれもありでしょう。
ま、なにがともあれ、サマステ終了・テレ朝夏祭りが全て終わる、8月23日になるまではなにもわからない。
毎年恒例の少クラ㏌大阪に紫耀廉くんたちが出ていなかったという事実。サマステ櫻子ちゃんのステージを見させていたというゴリ押し担の悪い大人。(これって結局ほんとの情報だったんですかね?)
本格的に彼らは関西と言う名を捨て、普通のジャニーズJr.になってしまうのでしょうか?
ただのかっこいいジャニーズJr.を目指していくのか。

ぜひとも見届けたいと思う。

キンプリたちの後ろで笑顔で踊る、颯くん・琳寧に胸が締め付けられる思いでした。
安井くん、SixTONES、宮近くん、顕嵐くん。なぜキンプリ(特にPrince)たちより華があって才能のある子たちを後ろで踊らせているのか。このゴリ押しに意味があるのか、きちんと考えて欲しいです。
姫のアンチが増え、紫耀と廉のホームであるはずの関西すら敵に回したキンプリ。
ここからどうやって挽回していくのか。まさかの隙間デビューなんてことがあってしまうのか。

STORYで平野ん『期間限定ではなく』これからもこのメンバーで頑張っていきたいとうニュアンスで語られ、時を同じくして関ジュのラジオで向井くん西畑くんから『なにきんというグループもありましたね。』と語られ、なにきん信者を失意の底へ落とした。(わたしの個人的な意見と、一部のツイートを参考にしたものですので、悪しからず。)
アイドル気録というブログを見るまでは、『期間限定ではなくこのメンバー(キンプリ)で頑張っていきたい』という発言を受けたら、なんで関西を裏切るの!!となっていたかもしれない。
けれど、彼らはジャニーズJr.という不確かな世界で生きている。デビューできるかもしれないユニットの中にいれば、このメンバーで頑張ればデビューできる!と思うのは普通のことではないだろうか。
何百と言う人数のJr.から、彼らが選ばれたのだ。
上手く行けば、デビューに一番近いJr.たち。功績を何も残せず終われば、ただの負け犬となり、少年倶楽部でも後ろの方に踊っているようになってしまうかもしれない。
もし本当にスぺオキが紫耀ならば、気を使って関西へ戻す…ことはない、と思う。
紫耀と廉、カイちゃんは前線に残っていられると思う。マンゴーくんたちは…どうだろう?
Jr.の中に悪しき風習が広まってしまう前に、彼らは一時的でも前線から引き下げるべき。


怖くて仕方ない。先の見えない未来が、彼らの持つ無限の可能性が。
当たり前にそこにいた人が、ある日突然いなくなってしまう。そんな恐怖はもう味わいたくない。
かといって、人気のあるJr.を全員デビューさせるというのも無理な話。
担当ですらなくて、雑誌とかエピソードを少し見たくらいだった金内くんですら、あんなに悲しかった。雑誌を買えば当たり前のように載っていたのに。もう、あの中に金内くんがいる事は無いんだって思い知らされた。
夢を追うことは悪いことじゃない。けど、ファンだってそれを笑顔で送り出せるほど人間出来てない。夢を追うということは、一般人になると言うことで、本当の意味での他人になると言うこと。
もうあんな思いは本当にしたくない。
ふぉ~ゆ~だって、They武道、MADEだってもうデビューは望めない…かもしれない(けどやっぱデビューしてほしい!)。
彼らを知ろうとしないのは、デビューできなくてやめてしまう現実を見たくないからかもしれない。(結局私は舞台班をみんな知ってしまいましたが。)
後藤泰観くんも石垣大祐くんもきっと舞台班として生きていく。


わたしは別に現実を見るために彼らを追いかけているのではない。
夢を見たいから、見ているのだ。
するなら徹底的に隠し通せ。(ある方のお言葉をお借りしました。)素振りくらいなら見せてもいい。けど!絶対にツーショット写真は撮らせるな!!
今度こそ、愛想をつかしてしまうかもよ?

週末が恐ろしい。
20日にキンプリの特別公演が終了・21日にⅯステ出演・22日はセクゾのバレー
遅くても21日にはキンプリの今後が決まる。22日は事務所の行こうが少し垣間見える…かも?
23日はテレ朝夏祭りが終了して、動員人数も明らかになる。
21日になにもなくて、テレ朝夏祭りの動員人数も増えていなければ、解散、もしくはKing・Prince別くくりでの活動がメインになるかも。
もし動員人数が増えてなくて、ギリギリの21日にキンプリMステ出演が決まったなら、20日・もしくは21日に解散発表をすることはほぼありえない。
オタンもわざわざ解散するグループがサポーターのイベントに行きたいと思わないだろうし。

…キンプリのパネルは見たいけど。 2015年8月17日


(結局キンプリの継続こそ発表されましたが、名前は完全に別となって、「Mr.King」「Prince」となってしまいました。)





最近、何もかもが怖くて仕方ない。
先の見えない自分の将来も。彼らがどうなってしまうのかも。
あの人への熱が冷めていくのも怖い。冷める、というか覚める?
まあ、元々北寄りの藤北担であったわけで、その境界は揺れに揺れまくって藤寄りの藤北担になったはずだったのだが。しつこいようだが、現実を見る為ではなく、夢を見たいがためにあの人たちを追いかけている。
だから、あの人は、みっくんの相方・相棒としか見れなくなってきたような気がする。
一番大きかったのがFNS。TVの最前列で待機して、さらさら黒髪の色気たっぷりの彼が映った瞬間の衝撃!あれはしばらくは忘れられないだろう。(今でも忘れられない。)
一瞬で心を射抜かれたようだった。
可愛くて、かっこよくて、時々チャラくて。そんな彼も過去にはいろいろと報道されたみたいだけど、知る前のことはそんなに気にしない。
あまり、現実は見えなかったから。
チャラい、といじられてあなたは嫌がるけど、ファンにとってはポジティブになれる要素なのかもしれない。


あの人の時は、あの文字が目に入った瞬間、分からなくなった。
今まで信じていたあの人は何だったんだろう?もしかしてあれもこれも全部例の人に置き換えて考えてた?
昔は色々と遊んでいたみたいだけれど、デビューしてからキングと言うあだ名が出来て、真面目にそういうお付き合いをしている、と思われるのは不利なのかもしれない。
しかも藤北信者で、一生あの2人がつながる事は無いってわかってはいても、どこかで可能性を捨てきれなかった。それも大きなショックだったのかも。
今は、こうやって書けて、損保の変*10なんて言えるくらいには回復はしたけれど、胸のどこかではモヤモヤは消えない。
一生消えないならば、降りようか。なんて思うこともあるけれど、FCの名義を変えられるほど彼に惹かれているわけでもない。
なんだかんだ言っても好きなのだ。あの人が。
(その後悩みに悩みまくってきたやまくんに変えました。…なんかごめんなさい……。)

バカみたい…、いっそ嫌いになれたらいいのに。
なんて。でもきっと、降りるのはまたシンメであるしょうれん。また同じ道をたどっていくのかな。
Jr.なら、恋…とか関係ない。穏やかに、こんなお兄ちゃんがいたらいいなって気持ちで見れる…はず。
でもでも、やっぱりJr.には堕ちないと思う。(って言いきってるのにも関わらず、あっさり堕ちたわたし…。)この先のことが何もわからない彼らを追っているのは、あまりにも悲しすぎる。
居なくなってしまった人の後に訪れる悲しみを知っているから、その時はきっと前よりも悲しいから。
無意識にも、意識的にもストッパーを掛けているのかも。(これも結局外れて、今ではいなぴカッコいい~!なんて言ってます…。)
悲しい結末なんて見たくない。でも、事務所に飼い殺しにされている彼らを見るのはもっとツラい。(けどやっぱ転生はしてほしくない。)
やばいな、今日はすごく病んでる。…取りあえず寝よ。

遥か遠い彼方シンガポールにいる彼、将来有望な青年たちに願いを込めて。
どうか何事もなく無事に終われますように。お守り、持ってるかな。最近は物騒だから。(この時からどんどん日本でも物騒なこと起きてますよね…)
最高のパフォーマンスで魅せてきてね。きっと想いは伝わる、だから、虜にしてきちゃいなよ!!
2015年8月17日




寂しい、なぁ…。誰か癒してくれないかな~。
廉とか、紫耀、とかさ。少クラ見たいなぁ~。あんなお兄ちゃん欲しかった。
いとこのお兄ちゃんとか、近所のかっこいいお兄ちゃん、みたいな?

寂しいし、ツラいし、なにしたらいいのかわからない。何がしたいんだろう。

ほんっとわかんないことだらけ。

サマステ特別公演最終日にてキンプリの継続が決まった。
キンプリたちは、継続の理由を『ご声援』『ファンの願望』などというニュアンスで表現したらしいが、彼らは批判を浴びながら結成したのを知らないのだろうか。(でもやっぱ好きな人にグループができるとうれしいです。)
昔からグループから引き抜かれて新しいグループになったという話はまあまああるらしいが、今回は組合せが悪すぎた。
誰もが納得するような組み合わせならば、こんなにキンプリ継続で荒れることもなかっただろう。
ジャニーさんは何を考えているのやら。スぺオキのキラキラアイドル紫耀をただの平野んにしてまで彼らを組ませる必要があったのだろうか。
Mステにキンプリのみで出したと言うことはまだジャニ所さんは諦めてはいないのだろうか。
それに、デビューしてもバックにJr.をたくさんつけるセクゾと、Jr.なのに単体で歌を披露したキンプリ。という批判も起きている。
聡マリ担やJr.担は強くなければならない。
デビューしていても、一緒に活動はさせてもらえず、実質異例のJr.への格下げ状態となっている聡マリ。(最近はやっと5人で見られるようになってうれしい限りです!!)
いつ見れるか、いつ会えるかも分からない。いつ見れなくなるかもわからない。いつデビューするかもわからない。いつ居なくなるかもわからない。

2015年8月28日
滝沢歌舞伎カンパニー、24日早朝に帰国していたことが裏を取れました。(何様!?って感じだけどその辺は気になるし、できれば信用性のある情報がほしかったので。)
帰国してからそうそう、もしツアのロケに呼ばれたそうな。嬉しい限りです。体調を崩してなければいいけど。
でも、そうは言っても河合くんは帰国した次の日からサマパラを10公演。明後日までかな?何事もなく終えることが出来ますように。
A.B.C-Zも、TVでお仕事ください!って言ってた時が嘘のように、滝沢歌舞伎・サマパラ・初のCDシングル・ABC座とたくさんお仕事がありますね。
塚ちゃんに至っては、金髪・筋肉・塚ちゃんです!でプチ?ブレイク中。
CDのプロモーションで音楽番組やバラエティ番組にたくさん出てくれることを楽しみにしたいと思います。
とっつーとかはっしーもドラマで一発ブレイクできればもっと知名度も上がると思うんだけれど。(テレビ離れが進む現代だとなかなか難しいもんです。ごくせんみたいなドラマも今は受けないだろうし。これはわたしが見てみたいだけだけど)
それでいうと五関くんは何路線?振付?EXILEの人みたいにダンスの振り付けを教える番組なんかでもいいよね!河合くん司会で。…でもなんかハチャメチャになりそう(笑)途中で金髪・筋肉・塚ちゃんです!とか言って塚ちゃん出てきちゃったりしてさ。
やばい、妄想が止まらないという。
でも、とってもいい時期のCD発売だと思う。
塚ちゃんはアウトデラックスで芸人さん並みのことをして、とっつーはキリコさんと日本のいちばん長い日に出て、はっしーもキリコさんに出て。
その後音楽番組に出演すれば、この人ジャニーズだったの!?へ~A.B.C-Zっていうんだ。
っていうギャップが生まれる。一目惚れか、徐々に気になって堕ちて行く人もいるかもしれないし、オタとはいかないまでも、お茶の間で応援してくれて、CDも買ってくれる人もいるかもしれない。(これもなかなか難しいのかも。)

夜の変なテンションのせいかな?語りすぎた。(苦笑)

キンプリ、これからどうなっていくのかなぁ。秋以降の仕事、判明してもいい頃なのになぁ。
『すぐ会える』って何度も言ってたの、雑誌にも書かれたみたいだし、なんかあるのかなぁ。
一昨日、紫耀廉文ちゃんで少年たち千秋楽観覧して、そのまままいジャニの収録に行ったみたい。遊んでいたっていう目情もあるから、キスマイのバックにはつかないかな?どうなんだろ。
でも、関ジュがメイン張ってる舞台の2・3日後にドームに出るとは思えないしな。でもジュニアも目情出て無いっぽいし。

2015年8月28日



東のJr.より、関ジュの方が名前と顔が一致したっていう奇跡(笑)
少年たち終えたばっかだし、ちびっこもいるから、ヤフオクと東京ドームは東のJr.かなぁ?
はやくドリボと日生の少年たちの情報が欲しい。
でもちびっこより覚えがいいはずの、元なにきん・室くん・文ちゃんを出さなかったってことは、文ちゃんはもとの木阿弥、元なにきん・室くんは日生の稽古か、ちびっこの関ジュたちがツアーについて回るからか。
わからないなぁ。本当に情報が欲しい。遭遇の情報でもいいから。
でも、萩安は帝劇の近くとか地下で目情が連日のようにあるみたいだし、紫吹さんのブログにももうセットとか組まれ始めたって書いてあるから、ドリボ玉版ほぼ決定かな。
あんまり期待しすぎないようにしようっと。
本当に帝劇の近くで合流して東京タワーの近くで撮影したっていうセブンのグラビアが気になる。
さなじぃバンドって言われてるみたいだし、ドリボのバックに付くのかなぁ。
SHOCKも少年たちもドリボもあって、ひろみくんと石垣くんがどっちにつくかもわからないし。
出来れば萩安ラインとかとひろみくん・石垣くんをまとめて見たいなぁ。いくら何でも贅沢だよね、さすがに。

2015年8月30日



真鳥くん、顕嵐くん、金内くん、お誕生日おめでとう。
真鳥くんは25歳(先ほど年齢を見てすごくびっくりしました。結構ベテランだったのね…)、顕嵐くんは18歳(これからオーラも取り戻してキラキラと輝いて欲しいな。)、金内くんは19歳(あなたが決めたことを、1ファンがとやかく言えることではないけれど、今、幸せでいてくれたらそれでいいです。でも、一度でいいから逢いたかったな。ステージの上でなにきんメンバーでキラキラと輝いているあなたを。)
金内くん、大好きです。いつか誰かに、関西にはこんな人がいたんだよって、みんな頼りにしてて、康二の相方で、紫耀を可愛がってくれて、かっこよくて、素敵な人がいたんだよって伝えたい。
無かったことにしてしまうなんてもったいない。
改めて、お誕生日おめでとう。今、幸せですか?あなたの居場所で笑えていますか?
どういう形であれ、夢を叶えて、幸せになってくれることを願っています。
2015年8月30日
昔の雑誌を見れば、康二と紫耀と並んで写っているのに、今はもういない。見るたびに寂しくなります。
どこまでも夢を追いかけて、ガンガンガンバッテ!!




ワクワク、ドキドキ💛 9月の命運が全て決まる。安井くん・萩ちゃん・さなじぃ・美勇人・顕嵐 少年たち、もしくはDREAM BOYSどちらに誰が付くのか。
少年たちはストとすのが付くから、安井くんたちは80%くらいの確率でないと思うけどね。
2015年9月3日?




ドリボを見てから早一週間が経とうとしています。
ドリボのバックを知ったときは、想定外すぎて思わず笑ってしまった。想定外と言ったら想定外。想定内と言ったら想定内。
安井くん、萩ちゃん、さなじぃ、美勇人、They武道、増田くん、半澤くん。川崎皇輝くん・ヴァサイェガ渉くん・豊田陸人くん
夢のような時間でした。テレビで見ている人が、リアルタイムでそこで芝居をしていて、歌を歌っている。
2015年9月10日





舞台ということもあってか、サマステの時よりは緊張しなかったけど、やっぱりブザーが鳴って徐々に劇場内が暗くなるとドキドキしてくるもので、幕が開いて三人が見えた時、思わず声を出しそうになった。
サマステで若干周りにつられながら声を出したのとは違う、興奮を声に出して発散したい感じ。
舞台とかコンサートはそういう意味では、一人でいったら楽しくないんだろうなぁと。
Twitterとかブログとかやってるなら話は別だけど。

テレビでなんやらかんやら言われてても、やっぱりジャニーズなんだな、と。自分の見せ方を知っているあの感じ。きっとああいう風に出来る人って、自分を客観的に見ることが出来るから、見てる人たちのツボをグッと押してきてっていうことが出来るんだと思う。
眠い、

2015年9月11日



2015年10月3日
(お友達に救済してもらった)少クラ9月30日分途中まで鑑賞。SixTONESこの星のHIKARI。
舞台だから歌が上手い大我とジェシーをメインに押してきただけかもしれないけど、結構な格差。
ジェシー&大我・樹&北斗・高地くん&慎太郎っていう感じかな?事務所の推し的には。
まあ、ストーンズは誰をメインにするかでだいぶ表情が変わるって言われているから、多分お試しじゃないかな。でも、ジェシーはスぺオキで、大我はお父さんの手前で後ろに置くわけにはいかないだろうし。(でも一時期ジェシーと北斗推しだったんだよね?)
難しい所だね。
樹と慎太郎をセンターにすれば、ちょっとワイルドな感じになって、ジェシーと北斗ならあっさり系の顔とちょっと濃い顔の正反対なタイプ。高地くんセンターはなかなか難しいかな。
今で言うみっくんみたいなバラエティ系のほうが向いてるから、センターにはしないかな。
すのみたいにシンメが決まってないから、決めつけるのも良くないし。

ジェシーのパートはまあまあ修正されてそう。
声を聴いて一致するいつもの感じがない。顔と喋っている声と歌っている声と照らし合わせるあの作業をしてると、すごく不自然な感じがする。

スーパームーンがあってから、なんだか次々と悪いことが起きてる気がする。
少年収でのキングとプリンスの扱いの差・まいジャニ、しょうれん抜きでの目情・番協メールに関西ジャニーズJr.表記・安井くん、千ちゃん、げんげん、etc…の熱愛が次々と流れていってる。
こんなことは昔ならあり得なかったはず。(昔はTwitterも見てなかったし、いい意味でお気楽に応援できてたのかな…。)
やっぱり人数が多くてジャニ所も管理が大変なのかな?でも、700人に4人はさすがに少なすぎる。(あくまで)
せめてまぁまぁのポジションをキープして、人気のある人には5人に1人、もしくは10人に1人はつけるべきだと思う。
まあ、自己管理がしっかりできる人をデビューさせたいのかな。でもそうだとしたらかなりの数のJr.が候補から外れることになる。
そのうちキンプリとかも危なそう。こわいなぁ。ストとかすのに影響がなければ、確実にキンプリは下げられちゃう。



2015年10月27日

ジャニワ会見、キングのお三方のコメントは放送されなかったようで。
ポスターの大きさやらも物議をかもしてる。
大きさが、勝利くん&健人くん>えびさん・King>ジェシー橋本涼くん>大我くん>HiHiJet残り>すの残りすと残り
Kingのお三方に関しては、もはやデビュー組のえびさんより上の扱い。
どれだけジャニーさんが力を入れているかわかりますよね。会見もセクゾ二人の後ろで、コメントは映らなかったけど、本人たちはよく映ってた。
HiHiJetなるユニットも岩崎くん?が外されてたし。
ローラー初心者と言うことで外されたのか、やめてしまったのか、もともとユニットに入っていなかったのか。憶測すれば理由なんていくらでも出てくるけど。(やめてはなかったみたい。)




ひとりごと。 2016に続く…?

ひとりごとのまとめなので読み辛かったとは思いますが、ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

小夜

*1:たまに「今日で担降りします」みたいなうちわ持って参戦する人もいるみたいだけど

*2:中居さんは金としか思ってないみたいだけど。これは別に思ってても言うべきことじゃないと思う。

*3:当時は藤ヶ谷くんと北山くんの担当でした

*4:自分で言いきっちゃってるとこがちょっと痛い。けど深夜のテンションで書いているのでご勘弁願いたい

*5:ただの僻みにとられかねないですが、現在も好きなコンビランキングで藤北はやぶれていない。堂々の一位を飾っている

*6:最近は、殺伐シンメがすきだたためか、たまに投下されるいわふかだったりあべさくのリア充っぷりにはドキドキしまくる

*7:ジャニーズの人って、結構人との距離がすごく近い人が多いですよね。ずっと男子校みたいな環境で育っているからでしょうか?

*8:たまに読んでて不自然な記事とかあります。違和感、というか。

*9:よく古本屋で昔の本を探しているため、たまたま見かけた。

*10:あるブロガーさんからお借りしました。お気を悪くされた方がいたらごめんなさい。